ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

「忙しい」が口癖の人にオススメの本「99%の会社はいらない」

99%の会社はいらない

「99%の会社はいらない」の要点

元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文さんの著書。すごいタイトルですが、この方は裏表がない印象があって全部本音な気がするので、本気で「99%の会社はいらない」と思っているのでしょう。

「あなたは忙しいを口癖にしていないか?」

で始まるこの本。

サラリーマンをはじめとした多くの人が「忙しい」と言いながら毎日を送っているのではないでしょうか? 確かに私も「忙しい」とこぼれる時があるような。。。

しかし、別にホリエモンは忙しいこと自体を悪としているわけではありません。

「忙しい」には、「自分の時間を生きる忙しさ」と「他人の時間を生きる忙しさ」があるとホリエモンは述べます。

ホリエモンがダメだと言っているのは「他人の時間を生きている人」が発する「忙しい」という言葉。サラリーマンは「他人の時間を生きている人」の典型ですから、多くの人がやはりこちらに当てはまってしまいます。

一方で、「自分の時間を生きている人」はとても少数派ですが、彼らはいくら忙しくても問題ないのです。自分の時間で忙しい人はそれを楽しんでいるからです。一方で他人の時間を生きる人の「忙しい」は嘆きにも聞こえるかもしれません。

この本の主題はこの「自分の時間を生きろ」ってことなんです。「99%の会社はいらない」の真意は、今の時代は会社なんかに属さなくても好きなように生きることが可能なんだよ、ということですね。

「99%の会社はいらない」から学んだこと

ITの発達などによって仕事のあり方もどんどん変わっていくというのは理屈ではわかります。

ただ、ホリエモン自身や、他の人が「自分の時間を生きる」ために具体的にどのようなツールを使ったり行動を起こしているかを、この本は示しており参考になります。

「99%の会社はいらない」から仕事や私生活に活かすこと

私に足りないのは「バカになる」ってことなんだと思います。

色々と頭で考えすぎなところがあるので、本当にバカになって行動を起こすのみです。

「99%の会社はいらない」の名言

行動するのは実は簡単である。バカになればいいのだ。

僕はバカが悪いことだとは思わない。どんどんバカになって突拍子もない行動を起こす人が増えれば増えるほど、社会全体のイノベーションは活発化する。この本を出した目的はそこである。すぐに行動することを求む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です