ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

クレジットカードのブラックリストの仕組みを知れば絶対に滞納はしなくなる

クレジットカード

クレジットカードは使っていない方が珍しいくらいほとんどの人が使っていると思います。

普通にショッピングなどをクレジットカードで支払って、月末に銀行から引き落とされる。

この毎月のプロセスは、我々の生活に浸透しすぎて、普段は全く意識することのないことでしょう。

しかし、以下に当てはまるという人は、この記事を最後まで読んで今すぐ対策を練ってください。

  • クレジットカードの支払いを滞納したことがある
  • クレジットカード会社からしつこく電話が来たことがある
  • 何枚もクレジットカードを持っているけど、それぞれの支払いについて詳しく把握していない

クレジットカードのブラックリストの仕組み

まずはクレジットカードでよく言われるブラックリストの仕組みについて知っておく必要があります。

本当はもっと細かい話になるのですが、まずはこれだけ心に留めておいてください。

クレジットカードの支払いを3ヶ月間滞納するとブラック認定され、5年間新しくクレジットカードを作れなくなる

たった3ヶ月ですがされど3ヶ月です。これで5年間もブラック認定されてしまうわけですから、悪気はないとしても滞納は絶対避けたいものです。

CICで信用情報をチェックしよう

少しでも心当たりがある方は、自分の信用状況を一度調べた方がいいと思います。

CICは、個々人のクレジットカードの支払状況などをまとめて管理しています。そしてその情報を信用度を測る指標として、各クレジットカード会社に提供しています。これを元にクレジットカード会社はその人が信用に値するかを見たりします。

ネットや郵送でCICの情報を見ることができますが、その報告書に「異動」という文字が出ていたらアウトです。これが俗に言うブラック認定されている状態です。

ブラック認定されたら終了

CICの報告書に「異動」という文字さえなければ、多少の滞納が過去にあったとしても信用が完全に失われたわけではありません。新しいクレジットカードを作ることも可能でしょう。

しかし、「異動」という文字があった場合、つまりブラック認定されている場合、もはやどうしようもありません。約5年間は信用がない人間としてみなされ、新しいカードは作れなくなります。銀行からのローンなど、信用が絡むことはすべて不可能になります。

ブラックリストでも作れるカードがあるらしいのですが、発行元がアコムですから、慎重にいきたいものです。

それよりもお金との向き合い方をしっかり考えて、生き方を変えたほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です