ライフハック

イーロンマスクの人類シミュレーション論は、正夢を頻繁に見る人なら共感できるかも

2018/04/08

イーロンマスク
マッキー
こんにちは。マッキー@ミニマリスト(@mackey7_net)です。

イーロン・マスク氏が「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と考えるわけとは?

「私たちが住んでいる社会が基底現実である可能性は、ほとんどないと思います」

スティーブジョブズと並んで歴代最高の起業家と称されるイーロンマスクが「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」と言っています。

普通の人が言ったら「あり得ない」と一蹴されて終わりですが、地球上で最も賢い人間の1人であるイーロンが言うなら話は別です。彼は宇宙や人工知能に最も精通している人間ですから、この主張は無視できません。その主張には彼なりの根拠があるはずです。

実は私も似たような考えを持っているのですが、今までなら私ごときがそう主張しても誰も相手してくれなかったでしょう。

しかし、この度イーロンの後押しもあり、私も「人類シミュレーション論」を声高に主張できるわけであります(笑)

これから私がお話しすることは感覚的なことであり科学的な根拠等は全くありません。ただ、私と似たような体験をしている人にとっては共感が持てる内容かもしれません。

正夢は偶然か?

いきなり別の話から始めますが、夢に見た通りのことが現実になる夢、つまり「正夢」を私はよく見ます。

日々の生活で何か出来事が起きた瞬間に、「あ、この前これ夢で見た」と思うことが頻繁にあるのです。

私は、超能力や占いなどの非科学的なことを基本的に信じていません。正夢も十分怪しい概念ですので、自分が正夢をよく見ることについても割と冷めた目で見ています。

「今の出来事は夢で見たことあるな、でも単に内容が似ている夢かも」
「今の出来事は夢で見たことあるな、いや、夢で見たと言いたいだけなのかもしれない」

など、色んなパターンを想定しては自らの正夢を一旦否定するようにしています。

ただ、それにしては「あれ、この風景どっかで見たことあるな」という体験が多すぎるんですね。正夢をよく見る、という人は私に限らず多いのではないのでしょうか?

正夢の意味

私は正夢を見る度に、

「人生で起こる出来事はもう決まっているのか」
「夢で見たように私が無意識に動いた結果その出来事が起こったのか」
(私は何らかの形でプログラム・シミュレートされた存在なのか)

などという疑問を持ちます。つまり、夢が先か、出来事が先かという話です。

出来事が先に決まっている場合は分かりやすいです。人生で起こる出来事はもう決まっていて、夢という場で予めそれを知らせてもらえる、という話です。

もう1つは、実は見た夢に合わせて私は行動している、というパターンです。あなたは昨日見た夢を紙に詳しく書き起こせますか?

普通は無理ですよね。私たちは夢をそのくらい無意識に見ています。人生における全ての意思決定は私の「意志」で行っているはずですから、そんな微々たる事象に大きく影響されないですよね。

それとも私たちは自分で人生をコントロールしていると「思い込んでいる」だけなのか。

どちらのケースだろうと、正夢を真とするならば、私たちには「人生のフルコントロール」はないことになります。

「たまたま」昔見た夢とその出来事が同じだっただけだ、という主張もできますが、私の場合はその頻度が多すぎるんですよね。

人類はシミュレーションの中で生きているのか

私の個人的な正夢の体験と、イーロンマスクの人類シミュレーション論を結びつけるのは無理があるかもしれません。

しかし、私が正夢を見る度に自分の人生について想像するイメージは、まさにこの画像の通りだったんですね。「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている」という主張を、他でもない天才イーロンマスクがしたのにはとても大きな意味があると思います。

イーロンマスク

英語が分かる方は以下の動画も見てみてください。

-ライフハック