ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

男も女も「おもてなし」はこれで学ぼう!「ホステス心得帖」

おもてなし

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”マッキー”]こんにちは。マッキー@ミニマリスト(@mackey7_net)です。
[/speech_bubble]

日本を代表する高級飲食店街、大阪の北新地。

北新地社交料飲協会のホームページにこのような資料がありました。題名だけ見ても興味深い。

ホステス心得帖 | 北新地社交料飲協会

「ホステス心得帖」の要点

主にホステス系の仕事をする方に向けた心得をまとめた冊子。

つまり女性向けに書かれたものですが、男性の私でも「なるほど」と思う内容が多かったです。

「おもてなし」の世界に住む方に向けた冊子らしいですが、正直どんな仕事でも役に立つでしょう。

サービス業の仕事に就いている方はもちろん、「より良い人間」に近づけるという意味では人間なら誰でも読むべき冊子です。

特に最後の「べからず集33ヶ条」は、ホステスの世界に限らず、普通に友達と接する時でも守りたい、人間として当たり前のことが書いています。

「ホステス心得帖」から学んだこと

この冊子の主題は私なりに解釈すると、

調子にのるな

ということだと思います。

ホステスに向けて、

  • 上辺だけキレイでもいずれボロが出る
  • 収入もキレイさも若さによることを忘れるな
  • おっさんだからとお客様をなめるな
  • 同僚を敬え

という内容が書かれていますが、これは果たしてホステスだけに当てはまることでしょうか?

私は全く違う仕事に就いていますが、まるで自分のことを言われているようですっと腑に落ちました。

仲間やお客さんを敬うのはもちろん、自分のスキルや人間力については絶対に現状に甘んじてはいけません。

「ホステス心得帖」から私生活や仕事に生かすこと

「お客様の名前は一度で覚える」「相手の話を聞く」「イヤ味のないお世辞」

など、明日からでも普通に実践できることが沢山ありました。

ホステス以外の全ての人も必読です。

「ホステス心得帖」の格言

ウェイターなど、裏方の人たちに威張らないこと。人間は、自分より立場の弱い人に対する態度で、その人の値打ちが決まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です