ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

優れた知的生産には共通の手法がある!「イシューからはじめよ」

イシューからはじめよ

「イシューからはじめよ」の要点

「プロフェッショナルにとってバリューのある仕事はなにか」

この問いに対する明瞭な解がよくわからない、または意味がなんとなくわかっていても、どうやってバリューを出せばいいかわからない、という人は必読の本。

むしろ外資コンサルみたいな一部のプロフェッショナルを除けば普通の仕事人はまず理解していないはずです。なのでほぼ全ての仕事人が必読の良書と言っても過言ではありません。

知的生産は「問題解決」の積み重ねなわけですが、「解」よりも「問題」の部分がいかに大切かを説いた本。本書ではその問題の部分を「イシュー」として具体的に定義し、イシュー度の高い問題だけにまず絞ることをすすめています。

多くの仕事人は真逆で、たくさんの「意味のない」問題にガムシャラに取り組んでいるのが現状です。それでは仕事の質は一向にあがりません。そのような遠回りを本書では「犬の道」と言っています。

そんな犬の道を避けてバリューを出すための方法を具体的なフレームワークも交えながら紹介しています。

「イシューからはじめよ」から学んだこと

「イシュー」の見極め方。そのイシューをサブイシューに分けて解決のための検証をする方法。

最終的にイシューを解決し具体的にアウトプットにする方法。などを学びました。

「イシューからはじめよ」から仕事や私生活に活かすこと

仕事や私生活において毎日無数の問題に直面します。

私はやみくもにそれらに手をつけていましたが、これからは「今この瞬間に白黒つけなければいけないイシュー」を意識して問題解決にのぞみたいです。

「イシューからはじめよ」の名言

100歩譲って、あなたが人並みはずれた体力と根性の持ち主で、”犬の道”を通って成長できたとしよう。
だが、その後、あなたはそのやり方でしか部下に仕事を教えることが出来なくなってしまう。
つまりリーダーとしては大成できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です