新しいテクノロジーやサービス

メルカリ時代の読書術

本

ミニマリストである僕は、荷物になる紙の本を買うことはできるだけ避けようとしています。

Kindleに何百冊もの電子書籍が入っており、それによって最小限の荷物量を実現しています。

しかし、僕が電子書籍を買う際には条件があって、Kindleストアでセールが行われていて大幅に割引されているものしか買いません。

紙の書籍と電子書籍を比べた時に、同じ本を同じ値段で買うとしたら、紙の書籍を買ったほうが圧倒的に得だからです。紙の書籍は、丁寧に使っていれば他の人に売ることができますが、電子書籍はそうではありません。「売れない」という前提だと、電子書籍はめちゃくちゃ割安なものか、値が張ってもいいから一生Kindleに入れておきたいもの、以外は買わないようにしています

まとめれば、

  1. Kindle本は基本セールでしか買わない
  2. 定価で買ってもいいからKindleに入れておきたいと思えるものは例外的に買う
  3. 紙の本は基本的に売る前提で買う

というシンプルな話なのですが、メルカリのようなフリマアプリが普及したことにより、3の部分が未だかつてないほどやりやすくなりました。紙の本を出品すると、かなりの確率で買い手が見つかるのです。

メルカリは新書の売買に有効

ずっと前に買って棚に大量にあふれている紙の本を断捨離するのにもちろんメルカリは役立ちます。しかし、個人的に重宝しているのは新書の売買です。

新書は当たり前ですが定価でいきなりディスカウントになることはありません。特に数千円したりする新書は、いくら良書と呼ばれているものでも買うのに躊躇する人も多いことでしょう。

しかし、メルカリを駆使すれば、どんな新書でも実質ディスカウント状態で購入することができます

やり方は非常に簡単です。

  1. まず、気になる新書があったら、アマゾンでも本屋でもいいので普通に定価で購入します。例えば3,000円とします。
  2. そしたら1週間以内にその本を読み終えます。折り目やキズや書き込みをせずできるだけ丁寧に。
  3. 読み終わったらメルカリで2,500円で出品します。そうするとかなりの確率で売れ、手数料や配送料を除けば500円のディスカウント

たったこれだけです。

ただし新書は新書でもあまりに売るのに時間をかけすぎると、どんどん価値が落ちてしまうので、できるだけ早く読み切ってください。ちなみに僕は定価で本を買った瞬間にメルカリに出品します。それで売れたら、その本をすぐに読み終えなければいけないプレッシャーを自分に与えることができるのでいいです。もちろん良書と呼ばれるものはいつまでたってもなかなか値下がりしないです。

メルカリは本などに特化した姉妹アプリ「メルカリカウル」を出したので、更に本の売買がしやすくなりました。

メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ

メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

-新しいテクノロジーやサービス