ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

ミニマリストには「質素ミニマリスト」と「洗練ミニマリスト」の2タイプがある

ミニマリスト

最小限主義者であるミニマリストは、「モノをできるだけ減らして生活する人」と世間では理解されております。

しかし、ミニマリストには大きく分けると2種類ある、と個人的には思っております。

質素ミニマリストと洗練ミニマリストです。

同じ「ミニマリスト」でも、その目的や特徴が全く異なります。それぞれについて以下に記してみました。

質素ミニマリスト

質素ミニマリストとは、文字通り「質素さ」を追求したミニマリストのことです。彼らにとっては、「減らす」ということが「質素である」ということと同義なのです。世の中で言う「ミニマリスト」のほとんどがここに属します。

ミニマリストになる目的

それ故に、彼らがミニマリストになる目的は「減らすこと」そのものになります。

質素さに美を感じています。なので、例えば彼らがモノを減らす理由は、モノを減らすことが質素倹約で素晴らしいからです。

質素ミニマリストの特徴

  • 自分がミニマリストであると主張する
  • 「モノを減らす」ことに重きを置いている
  • 「ミニマリスト」であることに満足する

洗練ミニマリスト

一方で洗練ミニマリストは、ミニマリズムによって洗練された人生を歩もうとする人たちです。スティーブジョブズやマークザッカーバーグのような卓越した成功者がこの類に入るかと思います。

ミニマリストになる目的

洗練ミニマリストの目的は質素ミニマリストのそれとは大きく異なっています。

質素ミニマリストは、「減らすこと」が目的化しているのに対して、洗練ミニマリストにとっては手段でしかありません。

減らすことで人生を豊かにする、それが洗練ミニマリストです。

洗練ミニマリストの特徴

  • そもそも自分を「ミニマリスト」と名乗らない人が多い
  • 人生における無駄な意思決定を減らすために毎日同じ服を着るなど超効率主義
  • 「モノを減らすこと」自体は彼らにとってそこまで重要ではない

あなたはどちらのミニマリストでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です