ミニマリストの思考

ミニマリストとは結局何なのか?

2018/04/08

ミニマリスト
マッキー
こんにちは。マッキー@ミニマリスト(@mackey7_net)です。

こんな記事がバズリました。

ミニマリストっていうのは簡素清貧ってことでいいかな?

最近、なぜだが自分の観測範囲の中にミニマリストという単語を頻繁に見かけるようになった。
リアルの生活だと誰かの口からミニマリストなんて言葉を一度たりとも聞いたことは無いのだけれどネットの中ではよく見かける。

…中略…

ミニマリストっていう言葉はいったい何を指しているのか?
ミニマリストで検索してもこれといった定義を示しているものが見つからない。
いや、書いてあるものもあるのだが人によって定義がバラバラ過ぎてよくわからない。
これは俺の検索能力が低いせいかもしれないが、ちゃちゃっと調べた結果、モノを持たないシンプルな生活のことをミニマリストと言うらしい。それぐらいしか共通点が見い出せなかった。

私自身ミニマリストという切り口でブログを長いことやっていて、これは個人的によく考えるテーマなので非常に興味深い記事でした。

そもそも私を含めた世の中の超少数派が気にするような話題だと思っていたので、こうやって気になる人が増えてきたこと自体が驚きです。

しかし、ミニマリストの正確な定義は?と聞かれても「人による」というのが正直な所です。

私が確実に言えることがあるとしたら、それはミニマリストが以下の3点を中心に成り立っているということでしょうか。

Less is Moreという考え

以下の動画が分かりやすいですが、シンプルライフやミニマリストは、Less is Moreという考えに基づいています。

モノが一番分かりやすいんでみんなモノについて語るんですけど、Less is Moreって何でも当てはまると思います。例えば、

  • 友人関係、100人の「知り合い」がいるより5人の親友がいた方が絶対幸せですよね?
  • Gmailの未読数が多い時ゾッとしませんか?
  • ミニマルデザインなアップルの製品やサービスは何であんなに人を惹き付けるのでしょう?

Less is Moreは「量より質」を単純にカッコつけて言い換えた感じ。ですので必ずしもモノが少ない=質素倹約にもならないのかなと…

んでこれは誰かにデータで証明して欲しいんですけど(どうやるかは不明)、人は選択肢が多ければ多いほどストレスがたまると思うんです。

その選択肢を自ら積極的に減らす行為がいわゆるシンプルライフを送るってことなのかなと。

実際に私は4年くらい前からスーケース1個に収まるくらいの荷物量で生活していますが、そのスタイルは今でも変わっていません。そ

れはモノが溢れてたときと比べてストレスが減ったのが確実に体感としてあるからです。そしてモノに限らず、あらゆる分野で「量より質」を実践しようとしているのが現状です。

リスクヘッジ

好景気では消費が推奨され、今のような不景気では倹約が奨励される。
当たり前といえば当たり前なんだけど、このままだと景気なんて上向きになんかなりっこない。

先行き不安な社会だから個人防衛として消費を抑えて貯蓄に回すのはよく分かるんだけどね。

これは全くその通りだと思います。不確定要素が多い現代において、私が考える人生最大のリスクヘッジは「モノを持たないこと」です。ただ、個人的にはモノを買わない理由は消費を抑えて貯蓄に回すためではありません。サービスへの消費はむしろその分増えています。

分かりにくいかもしれませんが、モノ依存を無くすこと自体がリスクヘッジになると思っています。我々にとって「食べていけないこと」が将来についての最大の不安でしょうが、次位に来る不安は「好きなモノが買えないこと」と「好きなサービスが受けれないこと」です。そのうちどっちが比較的不要かと考えたら私は自ずとモノを選びます。

別に好きなブランドの服を買えなくたって究極的には困りませんので。買い物好きな人が、好きなモノを買えなくなった時ほどショックな事はありません。「モノを買わない自分に慣れる」こと自体が重要だと思っています。

シェアの時代へ

「若者の車離れ」をよく耳にしますが、これには主に2つの原因があると思っています。1つは、上述したように現代は経済的に厳しい時代なので、車を持てる若者がそもそも多くないこと。もう1つは、車をそもそも持つ必要が無い時代になってきたということです。

そして後者の要因は想像以上に大きいのではないかと私は思っています。Uberに代表されるシェアリングエコノミー系の企業が次々現れ、車に限らずあらゆる業界構造を変革しています。これからありとあらゆるモノやサービスがシェアされるようになると、自分が何かを所有するってことすら必要無くなるのかもしれません。

結論

個人的には、シンプルライフやミニマリストという言葉は、上記のような考えをカタカナ1語で便宜的に表すために使っているだけで、定義や資格ってのは存在しないんじゃないかなと思います。私も以前やたらノマドなどの言葉を定義しようと思ったこともありますが、それは無理っていうか単なる自己満足にすぎないという結論に至りました。

ただ、別に宗教っぽくするつもりは無いのですが、1つのキーワードで似たような価値観の人が繋がれるのは良いのかなぁと思いました。

-ミニマリストの思考