ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

地震が最近多い。手前味噌だけどミニマリストは理にかなってる

地震

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”マッキー”]こんにちは。マッキー@ミニマリスト(@mackey7_net)です。
[/speech_bubble]

首都圏でも最近地震が多いですね。

東京に大災害をもたらす可能性の高い首都直下地震が近い未来に起こるかもと言われています。最近の一連の地震はその前兆か?と考える人がいるかもしれません。

専門家も実際に一連の地震と首都直下の関連性を分析していることでしょう。

でも正直、専門家がなんと言ったとか、首都直下が何年以内に何パーセントの確率で起こるとか、はどうでもいい話だと私は思います。

なぜなら、

東日本大震災があのタイミングでくるのは誰も予想できなかった。

というファクトがあるからです。つまり、確率論とか専門家の言論に一喜一憂する前に、もはや首都直下は近いうちに来るものだと思って生活するのが1番賢いのだと思います。

自然のスーパーパワーには現状の人類の力では為す術がありません。ならば、それが起こる起こらないの確率を論じる半ば神頼み的なことをするより、起こる前提で準備しておくべきです。

その上でミニマリスト的な生き方は非常に理にかなってるとおもいます。つまり、できる限り自分を身軽にするということです。

例えば、あまり声を大にして言えないですが、湾岸エリアのタワーマンションを買った人は、首都直下が来たら悲惨な状況に陥る可能性が高いです。

それよりも出来るだけ何も持たずに身軽になって、最悪日本から脱出できる準備をした方がいいような気がします。

もちろん何事も起こらないのがベストなのですが、今までのパターンからしてそれは我々が最も油断した頃にやってきます。

人間とは忘れる生き物かつ、「自分に限ってそんなことはない」とは思う生き物です。極論「明日首都直下がきたらどうなるか」くらいに思って生活しているくらいがいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です