ミニマリストまっきーの全財産はコチラ!

写真が主役のグルメアプリ4.0「Quippy(クイッピー)」

Quippy

皆さんはレストランなどを探す際に、何のサイトやアプリを使っていますか?

多くの方は食べログやぐるなびなどのグルメサイト・アプリや、MERYなどのキュレーションメディアを活用していると思います。

しかしこれから食の検索のあり方も徐々に変わっていくかもしれません。

この前たまたまお会いした人が作っているアプリ「Quippy」を見てそう思いました。

グルメサイト・アプリは、時代に合わせて以下のような変化を遂げてきました。この変遷をたどっていくと、Quippyは次世代のグルメアプリとして高い可能性を秘めていることがわかります。

グルメサイトの変化

グルメサイト1.0:インターネットで探す

レストランや食の情報をインターネットで探すことは今でこそ当たり前の行為になりましたが、もちろん最初はその手段が存在しませんでした。

ぐるなびのようなサイトができたことによって、食の情報がインターネット上に徐々にまとめられるようになりました。

グルメサイト2.0:評価やランキングで探す

インターネット上にレストラン等の情報がたまってくると、今度は「どのレストランがいいんだ?」という疑問を人々は持つようになります。

そこで食べログのような、レストランの口コミや評価を集めたサイトが台頭してきます。

グルメサイト3.0:ソーシャルの評価で探す

食べログの口コミなどは「大衆の評価が高い」レストランを探すのには完璧です。

FacebookのようなSNSが台頭すると、今度はそれを上手く活かしたグルメアプリが生まれます。

Rettyのように「大衆の評価」ではなく、「自分にとって最適な」レストランを探せるアプリです。Facebookアカウントとひも付けることで、友達の趣向などより自分にとってパーソナルな基準でレストランを選べるようになります。

グルメサイト4.0:写真で探す

最近は若者を中心にインスタグラムなどの写真でレストランを探す人が増えている、というファクトがあります。

これはインターネット検索はテキストだと思っている世代には理解しがたいですよね。

そこを上手く突いたのがQuippyです。まさに、インスタグラムの写真を使ったグルメアプリなのです。

[appbox appstore 1091168923]

インスタグラムに上がっているレストランの食べ物の写真を、それぞれ上手くまとめてアプリ上に表示してくれます。例えば自分の近くにあるレストランの料理の写真がたくさん表示されますので、どんなレストラン・料理かというのがイメージしやくすなります。

食べ物やレストランの雰囲気を知りたい時に、レビューの説明を見るより写真を見た方が早いケースがよくありますからね。

Quippyを使えば、まさに食べ物やレストランの写真をベースにお好みのものを探すことができるのです。

写真系はグルメ以外でも流行る

この手のアプリは、食だけじゃなく、美容やファッションにも行けると思います。

インスタに上がっているネイルやヘアスタイル、洋服とお店をひも付けたアプリなどは、これからどんどん出てくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です